生活スタイルから改善を試みる便秘

頭痛や鼻水などの症状があらわれると、ついつい病院や薬に頼りたくなります。便秘も同じでこれらの方法に手を出したくなりますが、その道が最善とは限りません。便秘は一度症状があらわれると長期化する可能性があります。治ったと思っていたのが、時期をおいてまた再発するかもしれないのです。

確実に便秘にかかるのを防ぐなら生活スタイルを見直す必要があります。肉類ばかりお菓子ばかりを食べているようなら、量を減らしましょう。穀物や野菜、果物、乳製品などをバランスよく摂取することが大切です。

どれだけ忙しくても睡眠時間をしっかり確保するようにします。理想的なのは、7時間から8時間前後の睡眠です。夜10時に床に入って翌朝の6時に起きるくらいの早寝早起きであればさらに効果的です。また、ストレスを溜め込まないように定期的に体を動かす必要があります。激しいスポーツができないというならウォーキングでも構いません。それだけのことで腸の働きはずいぶん変わります。

最後に押さえておきたいのが排便を我慢しすぎないことです。便意を催してきたらなるべくすぐに出すことが大切となります。